ゲームストリーミングサービス『Stadia』に感じたこと。

少し前の話題ですが、3月19日にGoogleはゲームストリーミングサービス『Stadia』を発表いたしました。

ゲーム業界に本格参入し、新プラットフォームを展開する事を発表したGoogleに多くの注目が集まりましたが『Stadia』が一体どんなものなのか?

今現在わかっていることと、個人的な感想を書いていきたいと思います。

 

クラウドストリーミングのパワーでゲームの在り方が変わる。

Googleが発表した『Stadia』は家庭用ゲーム機ではありません。

簡単に言ってしまえば、今までの家庭用ゲーム機がしていた処理をクラウド上でおこない、手元にゲーム機が無くてもタブレットやスマホがあれば本格的なゲームが何時でも何処でも出来ると言うのです。

クラウド上で行われる処理は、家庭用ゲーム機なんて可愛いものではなく、現行のPS4の2倍以上の処理能力を持ったパワフルなものです。

今回の発表では『Stadia』の専用コントローラーもお披露目されました。

コントローラーは直接Wi-Fiで繋がり、Google assistantのボタンやキャプターボタンなどがあるようです。

新たな家庭用ハードを用意することなく、今手元にあるChromeブラウザ端末などで本格的なAAAタイトルが遊べるようになるのならゲーム業界に革命が起きるなんて言い方してもまんざら大袈裟でもない気もしますね。

 

既にあるYouTubeとの連携

現在ではゲームの楽しみ方は自分以外のプレイヤーの配信をみたり、オンラインで多人数のプレイが当たり前になっています。

YouTubeのプレイ動画からすぐさま同じゲームをプレイしたり、ゲーム配信者のゲームに参加出来るようになる。

サービスは2019年度中に開始の予定らしいですが、残念ながらまだ日本でのサービスは予定されておりません。

料金などの詳細も続報期待しますが、回線の速度問題で遅延が極力すくない質の高いサービスを気長に日本で待ちたいと個人的には思います。