【フロントガラスの飛び石】修理か交換かの判断が重要。

こんにちは、もみーです。

車のフロントガラスを飛び石により破損したことはありませんか?

飛び石のクラック【ひび割れ】は放置しておくとひびは成長してのびていく可能性があります。

リペア【ひび割れの修復】がされていないと車検にも受からないこともあります。

破損したフロントガラスは修理か交換するかの判断が重要になってきますがその目安について今回は説明していきまね。

 

リペア出来る場合の破損具合とは?

現在の自動車のフロントガラスは薄いガラスを透明フィルムで張り合わした構造の合わせガラスがほとんどです。

合わせガラスは一枚あたり非常に薄く反りに非常に弱いためクラックが入るとどんどんヒビが成長していきます。

破損範囲が1㎝未満で一枚のみの破損。

これが私の考えるリペア出来ると判断する基準です。

ずいぶんときびしい基準だと思いますよね?

後ほどその理由はご説明していきます。

 

リペアする本来の目的とは?

フロントガラスの飛び石のリペアは傷を無くしわからなくすることはほぼ不可能だとお考えください。

ではなんのためにリペアするんだ?

そうなりますよね。

飛び石のリペアはその破損部分からのクラックの成長を防ぐためにリペアします。

稀に綺麗にリペアでき傷も目立たなくなりますがよく見ればわかります。

リペアはクラックを防ぐため、そうお考えください。

 

リペアの費用は?

最近は6000円~10000円未満が相場だと思います。

これでも一昔より安くなったと思いますがまだ高いですよね?

理由はユーザーさんが自身でリペアするリペアキットが販売されているからだと思います。

 

リペア方法はどんなものか?

一般に販売されている簡易リペアキットの説明をしますが、ガラス業者さんがリペアするのと考え方は同じです。

破損個所の破片の除去および清掃をして専用アタッチメントに注射器みたいなポンプをつけてで真空引きします。

真空状態にしたガラスの破損部分にUVレジンを流し込み紫外線で硬化させる。

はみ出たUVレジンをカミソリで削ぐ。

こんな感じですが実際やってみると難易度高いです。(笑)

ガラスの破損の仕方が欠けたように破片がでず、なおかつクラックがないような破損なら綺麗に仕上がると思いますがそんな都合がいい破損はないですよね。(笑)

実際には砕けたような破片が綺麗に除去できず、クラックもある場合がほとんどかと思います。

そもそも真空状態の維持が簡易ポンプでは難しくまんべんなくUVレジンを浸透さすのが困難です。

ですがガラス屋さんに依頼しても仕上がりに差がでるかと言ったらそんな保証はありません。

一般に販売されているリペアキットは1000円前後で安価ですからチャレンジする価値はあります。

リペアしやすさから破損範囲が1㎝未満だと言うのが一つの理由です。

 

フロントガラスを交換する目安は?

フロントガラスをリペア【修理】出来る目安の説明をしてきましたが今度は交換する判断の目安を説明していきますね。

ガラスの何処に【場所】に破損個所がありますか?

これ重要です。

運転席側で目線の高さだとリペアしても痕跡が目立つ場合かなり運転していて気になると思います。

傷が治る治らないよりも私はこれを交換するかしないかの目安にします。

運転中に視界に入ってくるのは安全面でも不安ですのでしっかり考えてください。

リペアした場合に極力目立たなくするために破損範囲が1㎝未満だと言うのが二つ目の理由です。

 

交換した場合の費用は

車種によって金額は違いますがおおよそ70000円~100000円ぐらい。

100000円以上も十分あり得ます。

保険を使って交換しても翌年保険料金が値上がりすることを考えると迷うところなんですよね~。

何かいい方法はないのか?

わかりました、お教えしましょう。(笑)

 

少しでもガラス交換を安くする方法は?

一つは中古パーツを使用する方法ですね。

ただしあくまでも中古パーツですから傷がある可能性もあります。

「あと一年位乗ったら車買い替えるよ。」

そんな人にはいいかもしれませんね。

もう一つは社外品の新品パーツを使用する方法ですね。

海外製のフロントガラスですが見た目わからないぐらいクオリティーは十分です。

どちらも純正新品パーツを使った場合と比較して半額近くになるとおもいますので修理依頼先で相談されたらいいかと思いますよ。

 

まとめ

今回はフロントガラスの飛び石で破損した場合に修理するか交換するかの判断の目安について説明してきましたがどうでしたか?

少しでも参考になったら幸いです。

本文にも書きましたが飛び石を受けた場所、破損した範囲これがすごく重要かと私は思います。

運転中にガラスの修復跡が視界に入るのは思っている以上にストレスになることがあります。

リペアした後に「やっぱり交換しておけばよかった。」と後悔してもリペア代金がもったいないのでよく考えて修理依頼先で相談してくださいね。

それではクリアな視界でより良いカーライフを。