運転することに刺激が欲しい人にはロードスターは最適です。

こんにちは、もみーです。

今回は日常の車の運転にすこし飽きてきて少しスポーティーな刺激が欲しいなった方に最適な車としてロードスターの魅力を語っていきたいと思います。

ドライブする時にちょっぴり非日常を感じたい方は最後まで読んでくださいね。

ドライバーに刺激を与えてくれる車とは。

ドライバーに運転していて心地よい刺激をあたえてくれる車の特徴として一番大事なものとはどんなものなのでしょうか?

管理人のもみーも、時代の流れで様々な走りを売りにした車に乗ってきましたが(上手いとは言ってない)まず駆動方式がFRで(後輪駆動のこと)MT車(マニュアル車)であることが重要かと思います。

FRであることで車のコーナリングを楽しむことができ、MTであることで車を操作している感覚を満喫できるはず。

今の時代では少ないMTやFRですが運転を楽しむ条件としては重要な要素だと思います。

AT限定免許ではMTは選択できませんが可能ならMTも是非体験して欲しいです。

ロードスターという選択

少ないなりにもスポーティーな車はあれこれ選ぶぐらいには種類があります。

そのうえで何故ロードスターをおススメするかというと心地よいドライビングフィールを与えてくれる車という条件にピッタリとハマってくる車だからです。

車としての速さだけを追求すればロードスター以外にいくらでもありますが、純粋にドライビングを手軽に楽しみたいという要望には高い次元でこたえてくれる車はそうそうないと思います。

その数少ない条件にあう車両がロードスターなんですね。

ロードスターの魅力とは?

簡単にロードスターのパッケージを確認してみましょう。

・FRミッドシップである。

・MTがある。

・大きすぎない排気量である。

・軽快に走れる足回りである。

・ライトウエイトスポーツである。

・メーカーのこだわりを感じられる仕上がり。

思いついただけでこれだけあります。

オープンモデルであることも魅力なんですが今回はドライビングフィールを話題にしているので外しています。

もちろんオープンにして走ったら楽しいですよ。

MTとFRは運転を楽しむことに欠かせない部分なのは先ほども少し触れましたがロードスターはさらにこだわったFRミッドシップを採用しています。

エンジンをフロントタイヤとリアタイヤの間にマウントすることによって車の重量を前後50:50に近づくように工夫しているんですね。

この理想的な重量配分によって車のコーナリング性能を高めドライバーに車を操ることの楽しさを提供しています。

大きすぎないエンジンは車の軽量化にとても貢献していて、車を軽くすることでコーナリング性能だけでなく加速性能や車を減速させるブレーキング性能にいい影響を与えてくれます。

ロードスターは歴代足回りにもこだわっていてダブルウィッシュボーンサスペンションやマルチリンクサスペンションを採用して、さらにアルミ製アームを使いばね下荷重の軽量化を実現してるんですね、コストは高くついていますが高品質なハンドリングに貢献しています。

ボンネットなどのアルミ製外装パーツ使用、こうした妥協なき軽量化よってロードスターは揺るぎないライトウエイトスポーツという地位を保っているんですね。

走行性能と車の重量は密接な関係があるのは何となく伝わったと思いますが、MAZDAは他の部分もドライバーが車をコントロールすることに喜びを感じれるようチューニングを施しています。

ミッションの変則した時のフィーリング。

エキゾースト(排気音)のフィーリング。

直接ドライビングには関係なさそうですがちょっと想像してみてください、あなたがロードスターで峠を走行しているところを。

タイトに右へ、左へコーナリングする動作でコーナー手前でブレーキに足を乗せ減速しギアを下げるシフトノブはカチっという感触です。

ハンドルを切った分だけ車は軽やかに姿勢をかえコーナーを抜け心地よいエキゾーストを奏でながら次のコーナーまで加速していく。

きっと上手く情景を想像できた方の表情は思わず笑みを浮かべていると思います。(笑)

この感覚をドライバーに伝えるためのチューニングに絞っているため速さに直結はしていないのかもしれませんが楽しさは極上と言えるでしょう。

そしてこの歴代ロードスターの魅力をMAZDAはこう表現しています。

こんな方に是非乗ってみて欲しいです。

まず2シーターという点で制限出てきてしまう思うんですが、初めて車を購入する方でドライビングを楽しみたい方には是非乗って頂きたいです。

そして子供が手を離れて趣味の車を所有することが許されたお父さんにも是非乗ってみて欲しいですね。

もちろん最初に述べたよう「運転することに刺激が欲しい人」の刺激は車を操ることの楽しさのことだと自分は思うんです。

このロードスターの魅力は先ほど長々説明しましたが実際乗ってみないと絶対伝わらないと感じています。

実は初代を所有していました。

管理人もみーは実は初代ユーノスロードスターを所有していたことがあります。

当時の私はドリフトに興味がありドリフトするのには難易度の高いロードスターの魅力が理解できませんでした。

ロードスターという車はセッティングさえしっかりするば決してドリフト出来ない車ではありませんが簡単な車ではありません。

わずかな期間でパワーを求めて違う車に買い替えてしまいましたが今はロードスターの魅力が理解できるので後悔しています。

色々な車を実際に乗ってみて、魅力的に感じるロードスターという車は懐が大変深いと思いました。

もう少しパワーが欲しい、それは狙ってのこと。

これは私の想像ですがロードスターは現行モデル以外は全部実際に運転してみて

「もう少しパワーがあってもいいよなぁ~。」

とすぐに思うんですがこれは緻密な計算の上でこうセッティングされていると思うんです。

・ハンドリング

・ブレーキング

・フィーリング

3拍子揃っていてモアパワーと思うのはドライバーが車両のポテンシャルを引き出している感覚になって気持ちよくドライビング出来ているということです。

見た目同じようなパッケージのホンダのS2000はロードスターよりハイパワーで完成されたハンドリングマシンですがとても同じような感覚ではドライビング出来ません。

ロードスターという車は歴代ドライバーが気持ちよくドライビング出来ることに焦点をしぼって開発されているのは間違いないと思います。

一言で表現すると大人な車。

こんな方に乗ってほしいでも話したように趣味の車が持てるようなお父さんや、車にこだわりを持ちたい若い方に是非乗って頂きたいロードスターという車は一言で表すと

車のことをよく分かってる大人が選ぶ車と言う表現がよく似合います。

決してかっ飛ばす車ではなく、コーナリングもシフトアップも一つ一つ余裕をもって楽しんでドライビングする大人な車。

走りなれた道も初めてこの車でドライブしたら非日常を味わえるかもしれませんよ?

まとめ

今回ロードスターという車の特徴を説明してきましたがどうでしたか?

歴代人馬一体のコンセプトがぶれずに開発陣の熱意がこれほど感じれる車は数少ないと思います。

途中でも触れましたがロードスターより高性能でかっ飛ばせる車は他にもあります。

しかしまるで自分の手足のように、車の状況が五感で感じているような気持ちになれる(表現が下手ですいません)車はそうは出会えないと思います。

今回はドライビングフィールに限定してお話してきましたからオープン時の魅力については触れていませんが、もちろんそこもロードスターの魅力の一つです。

私が所有していた初代ユーノスロードスターは今では中々購入しにくいとは思いますが、(あってもコンディションが心配という意味で)2代目、3代目は値段もこなれてきています。

現行の4代目はぶっちゃけRFが欲しいです(笑)

購入するとなったら2シーターでオープンモデルということもあって中々贅沢な車両かと思いますが可能なら試乗だけでもしてみてください。

絶対欲しくなるから(笑)

ドライブ時にちょっと非日常を求めてる方や、ロードスターという車が気になっている方は是非一度乗ってみてください。

長くなりましたが最後まで読んで下さった方は本当にありがとうございました。