【簡単】ブレーキダストを簡単に落とせるホイールコーティング

こんにちは、もみーです。

みなさんはお車の洗車時にもっとホイールの手入れが簡単に済ませたいなと思ったことはありませんか?

純正ホイール、社外ホイール問わず裏面や目に見えないような凹凸に汚れが入り込んでしまうとなかなか簡単には汚れが落とせません。

ホイールコーティングをしておくと洗車時に簡単に汚れを落とせるようになります。

今回は色々試した結果オススメのホイルコーティング剤をご紹介いたします。

簡単な施工方法

複雑な施工方法ではない、耐久性、仕上がりを重視して選んでみました。

ホイールのコーティング剤は様々なものがありますが簡単に施工できて耐久性と綺麗な仕上がりを兼ね備えた商品はこれかなっと思います。

Amazon商品ページへリンク

一液で薄く伸びやすく塗りやすいです。ガラスコーティングで耐久性も十分で撥水効果もしっかりあります。

他にもお値打ちなコーティング剤はいくらでもありますが、実際使ってみたらその効果からお値段は納得できると思います。

内容量が少ないですが20インチのホイール4本余裕でコーティング出来ますので安心してください。

液体は一度ビンを開封してしまうと硬化してしまうので使い切りとお考えください。硬化時間は早いです。

しっかりと洗浄してコーティングしていきます。

汚れが残っているとその上から汚れを閉じ込めてしまう感じになってしまうのでしっかりと汚れを落としてください。

乾燥させてからスポンジにコーティング剤を適量付けホイールに塗っていきます。

コーティング剤が乾ききる前にクロスで拭きあげていきます。ホイール裏面もしっかり塗ってあげてくださいね。

乾いたら出来上がりで、作業としてはこれだけです。簡単ですね。

コーティングするメリットは?

特に輸入車などのブレーキダストの汚れを落とすのがすごく楽になります。裏面など強くこすっても落ちなかったような汚れも水をかけてサッとこすれば楽々落ちます。

表も当然手入れが楽になりますがガラスコーコーティングは作られる被膜が固いのでホイールの塗装などをしっかり保護してくれます。

泥水などがかかってもホースの水などで細かな砂利などは落とせますから大切なホイールの塗装に傷がつかないのは嬉しいですね。

仕上がりも艶やかで見た目にも満足感は得られます。洗車時にも撥水効果があるほうが嬉しく思いますよね?(笑)

まとめ

今回ご紹介したハイブリッドナノガラスホイール専用コーティングは正直自分がお客さんに依頼されてホイールコーティングしている商品とほぼ同じようなスペックの商品なんです。

施工方法が若干違いますがこちらの方が簡単で仕上がりは見た目にはかわらないですし、洗車時の撥水、被膜性能もおとらないと思います。

プロショップに依頼して施工してもらえば倍以上の請求金額かと思いますので自分でやれば6000円弱のコーティング剤だけですみますからかなりお得かと。

可能なら新車時に施工できれば最初のホイール洗浄を省けるのでかなり楽になりますね、汚れをしっかり落とす作業が一番大変かもしれません。

それと気になったところが一点ありまして付属のクロスは繊維が抜けて細かい繊維がコーティング作業中ホイールに付くことがあったのでクロスは別途仕上げ用で用意したほうがいいかも。

他は問題なく作業できました。

みなさんもお得にホイールコーティングをして愛車の足元をグッと引き締めてください。

それではよいカーライフを。