ディーラーの車検は本当に割高なのか?お得な考え方。

こんにちは、もみーです。

みなさんお車の車検代は少しでも安くすましたいですよね?

よくディーラーは車検高いよね」なんて話を聞きますが実際はどうなのでしょうか。

今回はディーラーで車検を受けるのは割高なのか?お得な方法はあるのかを説明していきたいと思います。

車検代を比較するには。

みなさんは通常車検をどこで受けていますか?通常民間車検工場かディーラーさんかと思いますがどのようなちがいがあるのでしょうか。

他には町のガソリンスタンドや個人販売店などもありますが自社で整備して登録までしてる店舗は民間車検工場と判断して、お客様から依頼を受けて外注に出している店舗は今回除外して考えていきます。

民間車検工場の場合

規模は色々あると思いますが自社で整備して陸運局へ登録までしてくれます。車検代としては諸費用はどこで支払ってもかわりませんから整備代の違いがわかりやすい部分だと思います。

整備代もディーラーさんと比較すると安い傾向にあると思いますが、一般ユーザーさんは総額がいくらかの方が気になるとは思うんですね。

実はここが民間車検工場の方が車検代が安いというイメージに繋がるとこかと思うのですが、お客さんへのアプローチがそもそも「うちは車検がお得ですよ」というやり方です。

内容も車検を受けるための法定点検を合格するための整備が中心で極力余分な整備は控えお値打ちにという考え方だと思います。

ディーラーの場合

一度お世話になればことあるごとにはがき等で車検の時期などをお知らせしてくれますね。ディーラーで車検を受ける時の特徴としては基本整備料は民間車検工場より少し高い設定かと思います。なら民間車検工場で車検を受ければいいじゃん。ってなるかもしれませんがちょっと待ってください。

ディーラーで見積もりを取ったことがある方はわかるかもしれませんが7年位乗ったお車の車検代を見積もり作ってもらうと結構な金額になるかと思います。

その中身が大事でバッテリー、ワイパーゴム、マフラー、タイヤ等などあれば当然高額なわけでその時点でどうしても交換しないと車検に受からないパーツだけにしぼったら民間車検工場と比較した場合すこし高いだけに収まる金額になると思います。

これはディーラーと民間車検工場との車検整備の考え方の違いで民間車検工場が「車検をお得に」という考え方に対しディーラーは「次の車検まで安心して車に乗る為に」という考え方の違いかと思います。

それとは別にディーラーの営業マンは会社に対してどれほど利益を与えたかというところが評価されるので利益率の高いケミカル用品は特に売りたいとは思います。接客の質や販売している車のノウハウ、サービスの質など考えたらディーラーの車検基本整備料は特別高額というわけでもないと個人的には評価します。

結果としては

上記で説明したように結果的には民間車検工場のほうが金銭的にはお得だと思うのですが、代車がかりられるか、納車までの期間、細かなサービス等店舗により違いもあるかと思うので事前に確認だけはされたほうがいいと思います。

まったく同じ条件での比較はむずかしいのかもしれませんが目安にはなるはずです。

お得感を得るには使い分けるのがいいです。

車検費用でお得に車検を受けるには民間車検工場とディーラーを使い分けるのが一番だと考えます。

とにかく安く済ませたいなら民間車検工場で細かく注文して仕上げてもらうのがお値打ちでしょうし、質の高い信頼あるサービスを受けたいならディーラーで余分なパーツを省いて車検を受けるのもいいと思います。

前回民間で受けたから今回はディーラーで受けるというのもいい考えだと思います。双方を同じ条件で比較した場合ほんとうにわずかな金額差だと思うのでみなさんがどこで満足感をおおく感じれるか、お得だと考えれるかで使い分けるのが一番だと言えます。

どちらかまだ体験したことないという方なら一度利用されてみるのもいいと思いますし、可能ならユーザー車検というのも体験されると車検費用というものの価値観もかわってくるかもしれません。

車検制度そのものが税金高すぎるのでお得感を出しにくいというのが業界としての本音なのかもしれませんがユーザーさんにはそんなの関係ないですからすこしでもお値打ちに車検を受けてもらいたいです。是非民間車検の特徴とディーラーで受けた場合の特徴を把握して上手に使い分けてくださいね。